政木和三先生発明品の紹介コーナー

使い方に関するQ&A

 

Q バイオイーザーの効果的な使い方は?

A リングを患部にあてることにより、周辺の血液の循環が良くなります。また、体内の水が変化して細胞に栄養分が十分に行きわたり、自己治癒力がが高まります。従って、時間に余裕がある場合は、できるだけ長い時間あて、かつ、朝、昼、夜、と1日3回、全身にあてるのが効果的です。(夏はリングが熱くなりやすいため、タオルや布をまいて使用して下さい。)

Q リングが熱くなった時は?

A 季節によってリングの熱くなる具合は大きく変化します。冬はコタツの代わりになって気持ち良く感じますが、夏は熱くなりすぎて連続使用もままならぬようです。そんな時は、リングにバスタオルを巻いて使うと、熱さも大幅に緩和されます。仮に1時間以上連続使用してもリングの温度は60〜70度までしか上がりませんが、常に服の上からあてるようにして下さい。

Q 使用上の注意事項は?

A 磁気ランプが点滅している時は、リングから非常に強い磁力線が発生していますので、磁気カードや時計など磁気の影響を受けるものは近くに置かないようにご注意下さい。最近の例で、パソコンをやりながらバイオイーザーを使用していて、パソコンが作動しなくなったケースもあります。同時に使用したい場合は、リングから少なくとも1.5m位離して使用して下さい。

Q リングを患部にあてたときはどんな感じがするのですか?

A 余程敏感な方を除いて、ほとんど何も感じないのが普通です。しかし根気よくリングをあて続けていると周辺の血液の流れが良くなって、体の内部から“ポカポカ”とあたたかく感じる方や、おなかにあてていると気持ちが良くなって眠くなる方も多いようです。

Q どれくらいあてればよいのですか?

A リングを患部にあてることによって周辺の血液の循環が良くなりますので、時間に余裕のある場合はお好きなだけ使用して下さい。
あて過ぎによる副作用の心配はありませんが、まれに好転反応がおきるケースもあります。好転反応の症状が重い場合は、いったん使用を中止するか、使用時間を短くして続けるようにして下さい。

商品に関するQ&A」 「使い方に関するQ&A」 「成果に関するQ&A
開発に関するQ&A」 「販売に関するQ&A」 「サービスに関するQ&A